スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病と全身の病気

歯槽膿漏は色々な全身疾患に影響を及ぼします。当院で顕微鏡で確認して頂いた方もいらっしゃる口の中の細菌が血液を介して全身の臓器に飛び散り様々な悪影響を出します。

糖尿病の場合にも、歯周病の細菌が代謝に大きな影響をおよぼし、血糖コントロールが非常に悪くなることが明らかにされています。歯周炎を放置すると糖尿が進行してしまうのです。

心疾患・心筋梗塞の持病のある人は、心臓発作の発症率が20%リスクアップします。さらに25歳から49歳までの層の場合は70%にまで上昇します。

原因は歯垢中の細菌が血流に進入し、心臓の冠状動脈の脂肪質に付着して血のかたまりを作りながら心臓を感染させ、そして血のかたまりが出来ると血流を妨害したり、心臓を正しく機能させるために必要な栄養と酸素の供給を制限させることが一つの原因として挙げられます。
米国歯周病学会 患者向けパンフレット参照

定期健診によるケアーは、全身疾患をお持ちの方々にはとても重要なものとなります。なんとか半年までに一度は受けるようにしましょう。
 


スポンサーサイト

親知らず

親知らず第3大臼歯という大事な歯です。 

患者さんの多くは、この親知らずを悪いものと思い込んでおられる方が多いようです。

もともと、ヒトの顎にはこの歯はしっかりと使える歯としてもっています。

しかしながら、現代人特に日本人は顎の大きさが小さくなり、さらに顎が後ろに上に下がってしまう位置になってしまいがちなことで、親知らずがきちんと生えきらないことが多いのです。

親知らずがきちんと生えていなくても、斜めになった歯とかみ合う歯が顎の動きの中で少しでも接触するならば、顎の運動を支え、さらに体全体をも支えることに役立ちます。

また、一つ前の第2大臼歯がなくなってしまった場合などはブリッジの治療に使用することができます。

ただ、斜めにはえている時などは、汚れと疲れと噛み合わせの力により腫れてしまうことがよくあります。

このような時には、来院して頂き汚れを取り、薬を塗り、ブラシの当て方を確認し、お薬を飲んで頂き、氷冷しながら安静にして頂かないといけません。 さらに大事なことは親知らずに過剰な負担をかけないように顎の位置が後ろにいかない為に、私たちの指示をしっかりとお守りすることが大事です。

それでも、なんども腫れてしまう場合は抜歯も検討することとなることが多くなります。

斜めに生えている時に抜歯を検討する場合のもう一つの原因は、前の歯である第2大臼歯が虫歯になってしまっている場合と親知らず自体が大きすぎる虫歯の場合です。


親知らずがきちんと生えるような生活を送ることは、全ての歯のかみ合わせを正常にして、さらに虫歯や歯槽膿漏を予防します。  

医院にて指導されたことをしっかりと守り、親知らずも含めて大事にして下さい。
プロフィール

医療法人社団 北野坂鳥居歯科医院

Author:医療法人社団 北野坂鳥居歯科医院
三宮 より徒歩1分 

医療情報や日々の診療、皆様からのご質問にお答え致します。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。